クリーニング店専用POSレジ・CRMシステムの開発・販売

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. ワガママも必要!

ワガママも必要!

皆さま、こんにちは!Yumilinです。1か月近くぶりの投稿となり、ご無沙汰しておりましたm(_ _)m
GWも終わり、またいつもの毎日が始まりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
でもよく考えたら「クリーニング店がGWで長期休み」というのは聞いたことないですね・・・
皆さまも、お休みなくお仕事だったでしょうか?御苦労様です。

話しは変わりますが・・・。
先日、Line Newsを見ていましたら、とっても興味深いタイトルを見つけました。

『ワガママなほうが愛される理由』

「ワガママが愛される!?そんな訳ない!!何言ってるんだ」と思いつつも気になってしまい、そのページを開き読み始めると、始めは恋愛関係ぽく書かれた記事でした。ますます関係ないように思いつつも、読み進めるYumilin。(笑)

『ワガママを上手に使うなら、恋愛のコミュニケーションや人間関係を円滑にする相手へのプレゼントになる』という一文に、「んんん???なんでなんでーーー!!」とますますハマるYumilin(゚∀゚)

解説しますと、次のようなワガママがあるそうです。

パターンその1:「したい」お願い型のワガママ。
相手の喜ぶものを作りたいと思って「何か食べたいものある?」と聞きますよね。でも、相手の男性も遠慮して「君が作るのなら何でもいいよ~」と答えてしまう。ところが、女性が一生懸命自分の得意料理を作ったものの、男性は「美味しかったけど、〇〇も食べたい気分だったんだよね~」と答え、それがもとでモメてしまう・・・。こんな時、何がいい?と聞かれた男性が「○○がいい!」とワガママを言えば、双方の願いを満たし、どちらにもプラスになるというのです。

パターンその2:「したくない」お断り型のワガママ。
職場の中での仕事の割振りで、その中に自分の得意なものが他の人に振られ、得意でないものが自分に割り当たってしまった時、どうしますか?その記事によると、こんな時にもワガママを上手に使えると説明されていました。
それは率直に「私は○○より、△△の方が得意なんです!!」と伝えること。
一見、これは本格的にワガママだろう・・・と思いがちですが、でもそう言えたら、ほかの人も「実は私もこれより、そっちの方が得意で・・・」という人も出てきたり、「○○さんの方が得意そうなので、譲ります!」とみんなが得意なことを受け持ち、仕事を円滑に進めることができると書かれていました。

その記事の結論にはこうありました。
「ワガママは、自分らしくいること」
明らかに人に迷惑をかけるワガママはもちろんダメですが、でも「迷惑をかけてはいけない」「協調性を乱してはいけない」という考えを重視しすぎて、ただただ我慢をしてばかりいるのは、無意識に自分を無視して、大切にしていないサインかもしれず、自分の思いを素直に出すことは大切なこととありました。なかなか言えないなら、ちっちゃなことから言う努力をしてトレーニングしましょう・・・とも勧められていました!!

それもそうかもしれません・・・上手に自分の意見が言えるって大切ですよね(*^^*) 一緒にワガママしてみませんか?(笑)

https://lin.ee/coHNB1s?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=IfW92391493176

« ブログ一覧 »